FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幸せ・不幸せと種のたとえ話

water3.jpg 


不運・不幸の運命を選んでいる人は、

思考に特徴があります。


すぐに結果を欲しがるのです。


人生は自分の持っている「種」を見つけて育てて、

その実を食べ、

また種を見つけて育てて、その実を食べ・・・。

食べた実の種をまた育てるも良いし、

新しい種を探して育てても良いのです。

だんだん大きく育っていく様子を楽しみながら、

時には、災害やトラブルから守りながら。

おいしそうな実がなると、それはそれは喜び収穫して食べるのです。


このような人生を選んでいる人は、

幸せです。


不幸な人は、

種を育てていても困難なことが起こると諦めます。

育てるのを諦めたら種は枯れます。

ほかの人々は、種を育てているのに、

気がつくと自分には何もありません。

そこで、焦るのです。

皆と同じように、成長した種・・・木が欲しいと思うのです。

そこで、木を育てている人に近寄り、取り入ろうとするのです。

狙いは、その人が育てている木です。


上手に取り入ろうとする不幸人の罠にまんまと引っかかる人がいます。

不幸人の甘い言葉に惑わされ、

その人のためにと、自分の育てた実を捧げようとします。


自分が育てた実は、自分が最後まで責任持って収穫して食べること。

決して、他の人に捧げてはいけません。




自分が育てていない実に手を出してはいけません。

他の人が育てた実に手を出すと、

それはたちまち不味い泥で出来た実に変貌します。

口惜しさのあまり、相手を罵るでしょう。

あるいは、おいしい実を欲しがり、さらに相手をこき使うでしょう。



たとえ話で書いていますが、

これは、現実に起こっていることなのです。





| 心のメッセージ | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://healingsun.blog37.fc2.com/tb.php/551-c485fdc6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT