FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心と思考

2pink lotus


心はすべてを知っています。

心が見る希望、明るい未来を実現するためには、

思考というツール(道具)は欠かせません。



何でもそうですが、道具がさび付いていると、

良いものは出来ません。

余計な時間もかかります。



道具だけでは、形になりません。

何かを形にするには、

「作り手」が必要です。



「道具」が「思考」なら、

「作り手」は「心」です。



心が描くものを形にするためには、

道具(思考)が必要です。





ところが、

思考が作り手となった場合、

道具も思考ですから、

作り手=道具 ということになります。

思考は、もとから在るものではなく、

環境や教育・躾・訓練・センスによって育まれるものですから、

未発達・未成熟な思考が作り手となった場合、

どうなるかは想像出来ると思います。





思考を成熟させるには、

時間と努力と訓練が必要です。

もしかしたら、一生かかっても無理かもしれません。

思考は感情とつながっているので、

感情をコントロールする術を身に着けながら思考の訓練をしないと、

思考中にわきおこる感情に振り回されてしまいます。



思考と感情は切り離せません。

もし、切り離したとしたら、思考するロボットと同じです。

人が人である意味が失われてしまいます。


感情をコントロールするには、

思考するときに、

あらゆる方向から瞬時に考える訓練をしなければなりません。





たとえば、

「恋愛」について考えたとき、

成就したときの感情と、失恋したときの感情がわきおこります。

成就の感情を強く思えば良い、と人は言います。

けれど、実際は大変難しいものです。

恋愛成就を実現するために必要なことがたくさんあるので、

その感情を持続するのが物理的に大変難しいのです。

失恋の感情に振り回されると、

何を見ても、失恋に結び付けてしまいます。

失恋を実現するのは簡単そうに思えます。

優勝するのは難しくても、

負けるのは簡単そうに思えるものです。

実際、勝つためには努力が必要ですが、

負けるのは簡単です。わざと負けることも出来るからです。

でも、わざと勝つことは出来ません。


恋愛成就(勝つ)するためには、

どうすれば良いのでしょう。

どこまで努力をすればいいのでしょう。

勝ち続けるのには、どうすればいいのでしょう。

思いつくことを手当たり次第行動したとして、

どれだけの時間と労力が必要なのでしょう。

他のことをしている暇はありません。

ただひたすら恋愛のことだけを考え、

そのためだけに生きることをしなければ、

勝ち続けることは出来ないと思います。



そこで、この感情をコントロールするためには、

「恋愛成就しようと失恋しようと同じである」

という考えにいたります。

成就と失恋は結果が全く違いますが、

これを「同じである」という結果に結び付けなければなりません。

矛盾したものを何の矛盾もないところへと考えを結び付けるには、

大変な時間と労力が必要です。

考えが終わることはありません。

疲れて倒れるまで、

あなたは「どうすれば良いのか」を考え続けるでしょう。




思考が思考して実現する状態は、必ず破綻します。

では、

心が思考して実現する状態は、どうなのでしょう。



心は、最初から「在る」ものです。

訓練して身に着けるものでも、環境で育むものでもありません。

最初から存在しているものです。



なぜ、心は存在しているのか、

なぜ、心はすべてを知っているのかはわかりません。

それは、誰にもわかりません。





心が思考という道具を使って、現実を作っていくとどうなるのでしょうか。

それは、心にしかわかりません。

けれど、確信があるのは、

「心」はすべてと調和していて、

すべてを知っていて、すべてを受け入れているということです。

その心にすべてを預けたほうが良いと思いませんか?





心は誰もが持っています。

あなたにも彼にも彼女にも。

心を持たない存在はありません。

心こそが「在る」ものだからです。

「思考」は「心」を超えることは出来ません。

「思考」は「心」に勝てません。






「心」で「思考」すれば、

すべてと調和のとれた現実を作ることが出来るのです。

| 心のメッセージ | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://healingsun.blog37.fc2.com/tb.php/329-345b72d0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT