FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現実と想像の世界

calla lilly2 

 

こうなりたい、と思ったときに、

どうすればそうなるんだろう?と考えます。

たとえば、恋人が欲しいと思ったら、

どうすれば恋人が出来るんだろう?と考えます。

 

頭の中で想像している間は、現実にはなりません。

まずは、行動しなければなりません。

具体的に行動していくと、かならず結果がでます。

結果はすぐには出ないと思いますので、

結果が出るまで時間をかけて行動します。

自分が望む結果がでるまで行動するのか、

どこかで妥協するのか、途中でやめるのかは、本人次第です。

 

行動すると、現実の厳しさや、自分の考えの甘さや思い違いを発見します。

現実は、頭の中の想像の世界とかけ離れています。

想像の世界はあくまで想像の世界、

現実は現実と割り切る必要がでてきます。

 

では、目に見えない世界はどちらの部類に入るのでしょう?

 

目に見えない世界は、目に見える現実でもなく、想像の世界でもありません。

目に見えない世界は、目には見えない現実です。

「現実は、目に見えるから現実ではないの?」

そのとおりです。

でも、直感、予感は目に見えないものですが、当たります。

胸騒ぎ、空気を読む、など目に見えないものですが、感じます。

これは目には見えない現実の一部です。

目には見えない現実と目に見える現実はリンク(相互作用)しています。

 

でも、想像・妄想はどこにもリンクしていません。

これは個人的な頭の中の世界だからです。

たとえば、

「恋人が欲しいと思っていたら、

ある日、素敵な男性が現れた。」

これは頭の中の想像の世界です。

 

「ある日、男性を紹介してもらった。

その人を見た時、この人と結婚するかもしれないと感じた」

これは直感・目に見えない現実です。

 

「男性に出会って、結婚した。」

これは現実です。

 

「お金が欲しいと思っていたら、宝くじに当たった。」

これは頭の中の世界です。

「宝くじを買いにいこうと思ったら、いつもの宝くじ売り場ではなく、別の売り場に買いにいきたくなった」

これは直感です。何かを感じているのです。

「宝くじを買ったら、当選した。」

これは現実です。

 

つまり、直感や目に見えない世界というのは、行動をおこそうとする時に、感じるものです。

行動しなければ感じない世界です。

想像や妄想は、行動とは無縁です。何の行動もしていない状態です。

現実は行動そのものです。

 

想像したことが現実になれば、、、とは、誰もが皆考えるところです。

でも、現実は「想像したことは現実にならない」というのが真実です。

想像と現実は違います。

想像は行動とは無縁のものだからです。

「頭の中のひそかな遊び」それが想像や妄想です。

 

ですので、「想像」と「現実」は別物だと割り切りましょう。

そうして、「想像の世界」を楽しみ、

現実は現実として受けいれるのです。

 

 

| 心のメッセージ | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://healingsun.blog37.fc2.com/tb.php/266-e8fb77c9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT