FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

善のまとめ

white cherry flowers 

 

「善」「高い意識」をまとめると、

  • その時その時に応じて、すべきことをする。
  • すべての事象、出来事、人間関係は一つである。(分離していない)
  • 大きな流れや視野でみる。(個人レベルではない)
  • 安全である。
  • 活かす。生きる。育てる。
  • 欲望をコントロール出来る。

 

逆に、「悪」「低い意識」をまとめると、

  • すべきことをしない。
  • すべての事象、出来事、人間関係は分離している。(2極性を持つ)
  • 個人レベルの視野でみる。(視野が狭い、ひとりよがり)
  • 危険、不安定である。
  • 殺す。壊す。崩す。
  • 欲望に振り回される。
  • 恐れ

 

罪の意識や欲望が、どれほど残酷・残虐かをわかりやすく説明すると、

欲望を「壊すこと」にたとえて、段階で説明すると、

 

  1. 直感で壊す相手(対象物)を選ぶ
  2. 壊し方の情報収集
  3. 壊すための道具を手に取る
  4. 壊す相手(対象物)を捕まえる
  5. 一番有効な壊し方を意識する
  6. 楽しい壊し方の選択
  7. 壊し方をイメージする
  8. 実際に相手(対象物)を壊す(関係を壊す)
  9. 道具の使い方を吟味、反芻する
  10. 再度、壊すチャンスをうかがう
  11. 壊した理由を相手(対象物)のせいにする(責任転嫁)
  12. 壊した相手(対象物)が耐え苦しんでいるのを楽しむ
  13. 過去の破壊の清算
  14. 何かにとりつかれたように壊す(自分の意思ではない)
  15. 壊すこと自体の快感を得る
  16. 手当たりしだい壊す、破壊する
  17. 壊すことの喜びやヒントを得る
  18. 壊す事の罪の意識がない
  19. 壊すこと=生きる喜び、自分の人生そのもの
  20. 壊す事の正しさを認識する、破壊者としての自覚
  21. これ以上ない至福を壊す事によって得る

つまり、欲望がエスカレートすると、相手や自分の関係を傷つけたり壊すことで、

至福を得ることにつながります。

これは、本当に恐ろしいことです。

自分の境遇に不満が募ると、欲望が芽を出します。

誰の心の中にも欲望の種はあります。

種が芽を出した事に気がついたら、すぐに抜くことです。

ほうっておくと、芽はだんだんと成長して、やがて欲望の木となり、欲望の実をつけるでしょう。

欲望の実は地面におちると、腐って種になり、種はまた芽を出します。

一度、欲望から「至福の実」を得ると、善の意識に戻るのに時間がかかります。

上記の段階でいえば、

レベル9までなら、喧嘩でいえば相手と和解出来る状態です。

レベル10を超えると、相手を傷つけることによって終わります。

喧嘩でいえば、一方的に相手を傷つけて終わる状態です。

レベル10を超える状態が何度も続くと、(相手の忍耐強さにもよりますが)

相手と絶交、絶縁となっても仕方がないと言えるでしょう。

 

逆に「愛」が、どれほど素晴らしいかをわかりやすく説明すると、

  1. 直感で愛する相手(対象物)を選ぶ
  2. 愛し方の情報収集
  3. 愛するための道具を手に取る
  4. 相手(対象物)と向き合う
  5. 一番有効な愛し方を意識する
  6. 楽しい愛し方の選択
  7. 愛し方をイメージする
  8. 実際に相手(対象物)を愛する
  9. 道具の使い方を吟味、反芻する
  10. 再度、愛するチャンスをうかがう
  11. 愛した理由(対象物)を相手の存在に委ねる
  12. 愛するための試練
  13. 愛の清算
  14. 大きな視野で愛する
  15. 愛によって自由になる
  16. 新しい愛のために古い愛を壊す
  17. 愛のヒントを得る
  18. 愛することで罪の意識をなくす
  19. 愛すること=生きる喜び、人生そのもの
  20. 愛の正しさを認識する、 愛することの自覚
  21. これ以上ない至福を愛する事によって得る

 

愛によって至福を得ることは、生きる醍醐味といえるでしょう。

自分の境遇を素直に受け入れることによって、

愛が芽を出します。

誰の心の中にも愛の種はあります。

愛の種が芽を出したら、大切に育てることです。

愛の種は成長すると、やがて愛の木になり、愛の実をつけます。

愛の実は熟すと、周囲の人が喜んでその実を食べるでしょう。

そして、地面におちた種はやがて芽を出します。

一度「愛の実」を食べたら、「欲望の実」はまずくて食べれません。

愛から「至福の実」を得た相手(対象物)からは、一生離れないでしょう。

      ※捕捉: 夫婦愛は、レベル3が高い意識5とつながったレベル9です。

       そして21の至福を得ることが出来れば、離婚することはありません。

       恋愛は、レベル3が相手と向き合う4とつながったレベル17か19です。

       

欲望にしても愛にしても、対象物は人とは限りません。

趣味、仕事、スポーツ、ペット、家、車などいろいろな物にあてはめて参考にしてみてください。

 

 

新しいものを手に入れたり、新しい道を選びたい時や、何かを手に入れたいときに、

それが欲望による場合は、

人は、目の前にあるもの(人間関係)を壊したくなります。

目の前にあるものが障害物のように思えるからです。

ですから、何かが障害物のように思えるときは、

自分の欲望の芽が出ている証拠ですので、注意して、その芽を抜く事です。

| 哲学するヨハネ | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://healingsun.blog37.fc2.com/tb.php/259-1257a054

PREV | PAGE-SELECT | NEXT