FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

肉体と精神について

lotus flower5 

 

ヨハネ福音書の中の

「ニコデモとの対話」では、

肉体と魂(霊)について討論されている様子が書かれています。

 

「肉体は目に見える世界の中で生まれ、

魂は目に見えない世界に存在する。

魂の存在を認めて受け入れる事が出来れば、真理に近づく事が出来る。

けれど、人々は、目に見えない世界を信じない。

目に見える世界の事ですら、よく知らない。

目に見える世界(物質世界)に振り回され、

目に見えない世界(精神・魂世界)に関心を示さない。

魂の存在を無視するのは、意識が低い証拠である。

意識が低いから、目に見えない世界に対して反発する。」

 

つまり、

「目に見える世界」と「目に見えない世界」という二極性を、

低い意識でとらえると、

「目に見える世界(物質的)の幸せを求める人は、

目に見えない世界(精神・魂・霊的)では不幸である」

という事実を受け入れるざるをえません。

ですから、目に見えない世界に対して反発するのです。

高い意識でとらえると、

「目に見える世界」と「目に見えない世界」は融合しようとします。

どのような状況の中でも、

「肉体も精神(魂・霊)のどちらも、幸せでも不幸せでもない」という真理に近づくためには、

まず、目に見えない世界(魂・霊)を受け入れることが出発点となるのです。

魂・霊を無視しては、高い意識を持つ事は出来ません。

 

 

低すぎる意識は、混沌としていて、

二極性を持ちません。

心の中で、「低い概念・思考」から「高い概念・思考」を意識した時に、

はじめて二極性が生まれるのです。

 

「悩む人」というのは、低い思考から高い思考へと移行しようとする状態です。

そういう意味では、「悩む」というのは、とても良い事なのです。

| 哲学するヨハネ | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://healingsun.blog37.fc2.com/tb.php/244-ee22d5bf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT