FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

言葉について

pink lotus19 

 

タロットカードは、新約聖書の影響を受けているそうです。

私は、何かの宗教に傾倒しているわけではありませんが、

(私は無宗教者です。)

哲学的な視点から見ると、とても興味深い内容を書いていると思います。

そこで、今度は、新約聖書の意味をひも解いてみたいと思いました。

とくにタロットカードの太陽の意味を強調する事柄が大変多く見受けられるので、

新約聖書は「太陽の書」と言っても過言ではないような気がします。

 

 

ヨハネによる福音書の中の

「神である御言葉」には、無から有が誕生する様子が書かれています。

「御言葉」は「存在の証」とも置きかえれますが、

あえて「御言葉」という言葉を使っているのは、

「言葉」がこの世で何よりも大切なものだという事を強調したいからだと思います。

あるいは、人間と動物の違いは、「言葉を表す文字」を持っているかいないかですので、

人間を人間たらしめているのは、何よりも「言葉」であるという事を言いたいのでしょう。

「言葉が人間を人間にするのだ」という事実を言っているのだと思います。

「言葉を持つ・持たない」という二極性は、

「人間である・ない」に等しいと言わんばかりです。

 

そして、言葉の内には光がある、とも言っています。

この光は、意識を高めるためのものと解釈出来ます。

「光の言葉によって生かされ、闇の言葉によって殺される」

言葉は使い方次第で、凶器にもなります。

言葉の発明は、人智を超えた力によって出来たと書かれているように、

自分たちが我が物顔でむやみやたらと使用するものではない、と言っているようです。

 

「言葉を闇の者たちの手に渡してはならない、

なぜなら、

言葉は神のものだからである」

 

 

ただ、これだと「光と闇」という二面性が永遠に反発しあって、

融合するという事がなさそうなので、太陽の意味には近づきそうにありません。

 

「人を励ます・勇気づける・元気にする言葉」には、それを使う人の心が反映され、

その言葉を使う人の気持ちが込められています。

逆に「人を不安にする・怒らす・絶望させる言葉」にも、それを使う人の心が込められます。

言葉・文字そのものは単なる意思の伝達道具ですが、

どうしても言葉には心がこもります。

 

「良い心・気持ちで使いなさい。

そうすれば、

人・自分を救う事が出来るのです。」

 

と、いうことを教えているのだと思います。

| 哲学するヨハネ | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://healingsun.blog37.fc2.com/tb.php/242-36f018da

PREV | PAGE-SELECT | NEXT