FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タロットカードの世界観(7~13)

カラーwhite 

 

前回の続きです。

 

7のカードは 戦車ですが、

肉体と精神を表しています。

カードの絵の戦車に乗っている王は、若者です。

マルセイユ版では、戦車をひく二頭の馬は、肉体と精神を意味していますが、

戦いに挑む若者は、戦車をひく馬の手綱を持っていません。

しかも、戦車の車輪は進む方向を向いていません。

戦いに挑む勇気は持っていますが、現実的な手段を知らないのです。

でも、7は幸運を表しますので、

現実的な方法を知らなくても、肉体も精神もコントロールしなくても、

本能・直感・運で勝利を得る可能性を秘めています。

つまり、人生において成功するためには、

「現実的な手段よりも、直感・運を信じなさい」ということを教えています。

 

 

8のカードは マルセイユ版では 正義ですが、

公平さとバランスを表しています。

カードの絵の女神は、この世を超越した存在です。

女神が右手に持つ剣は天を向いており、左手には天秤を持っています。

右手は未来を、左手は過去を表していますので、

過去の出来事を天秤にかけてバランスをとる行為は、

未来において天(神・運)に背く可能性を秘めていることを示唆しています。

つまり、

「この世の出来事のバランスをとるために、正義の剣で裁くことは、

天(神・運)に背く行為(不運・不幸・トラブル・災い)になる危険性を秘めていて、

しかも自分が望む望まないにかかわらず、

そういう環境や場所を与えられる」ということを教えています。

正義が必ずしも自分や人々を幸福に導くものではないということを示唆しています。

 

 

9のカードは 隠者ですが、

反省・復習を表しています。

カードの絵は、経験を積んだ老人(導き手・助言者)です。

老人が右手(未来)に灯りを持ち、自分の過去を振り返って見ています。

左手(過去)には、杖を持っていて、その杖で人生を歩いてきたことを表しています。

「過去の経験を振り返ることの大切さ」を教えています。

ただ、老人(導き手)は立ち止まって歩こうとはしていません。

つまり、

「しっかりと立ち止まって、自分の過去を振り返って学んだことを人生に活かすことで、

それが、自分や人々への良き助言となる」ことを教えているのです。

 

 

10のカードは 運命の輪ですが、

運命・縁を表しています。

カードの絵の3体の生き物は、この世を超越した存在です。

2体は輪に絡まっていて、残りの1体は輪の上に鎮座しています。

この世を超越した良い事と悪い事が交互に訪れ、

別の超越した存在が上からそれを眺めているのです。

つまり、

「この世には、自分たちの力ではどうにもならない運命や縁が存在し、

良いことも悪いことも自分たちでは決められない」ということを教えています。

 

 

11のカードは マルセイユ版では 力ですが、

無限の力・能力・可能性を表しています。

カードの絵はライオンの口を素手で持つ女性が描かれています。

現実にはありえないと思えることでも、

火事場の馬鹿力という諺にあるように、

「誰にでも無限の力を引き出す状況や場所を与えられる」ということを教えています。

ちなみに太陽は11年周期で活発になります。

人の命からあふれる能力は活発になることで、引き出される状況を待っているのです。

 

 

12のカードは 吊られた男ですが、

成長するために必要な試練を表しています。

カードの絵の男は、吊られているにも関わらず、笑みを浮かべていて、

自ら望んで吊るされているのがわかります。

物質と精神の両方に挟まれて身動きが取れない様子です。

12は神聖さを表しますので、精神面や魂の望むことを優先したいのにも関わらず、

現実は、物質面を優先しがちな状況が訪れるため、

それを克服するための試練を喜んで受け入れているのです。

つまり、人生で成功するためには、意識を高める必要があり、

「意識を高めるには、物質的な事や目先の事に振り回されない努力をしなさい」

ということを教えています。

 

 

13のカードは 死神ですが、

過去の清算を表しています。

カードの絵は、マルセイユ版では、骸骨が散らばった骸(むくろ)を掃除しています。

過去の残骸を、整理しているのです。

つまり、人生で成功するためには、

「過去に起こった出来事を清算しなさい」ということを教えています。

 

 

次回へ続きます。

| タロットカードの世界観 | 03:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://healingsun.blog37.fc2.com/tb.php/239-244776aa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT