FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

霊能力と超能力の違い

blue sky 2 

 

霊能力と超能力の違いは何でしょう?

 

と、いつも疑問に思っていたので、

天使様に聞いてみました。

 

簡単にいうと霊能力は、別次元のものに関与する能力とのことです。

そして、超能力は、この次元に関与する能力とのことです。

 

 

20代の頃、私は霊障に悩まされていました。

見たくもないのに、無数の霊が見え、霊の声が聞こえ、

いつも何かの霊(低級霊だと思います)を感じていて、

気の休まる時がありませんでした。

「怖い、気持ち悪い」という状況の中で、生きた心地がしませんでした。

それは、まるで現実から別の世界(ホラー)へと移り住んだかのようでした。

とてもではありませんが、この現実に生きていると思えるものではなかったのです。

「霊が見えた」とかいうレベルでは無いのです。

「霊が見える上に、自分に干渉してくるし、恐怖心をあおってくる」のです。

 

このホラーのような世界から抜け出るきっかけとなったのは、

「低い意識でいるから、低級霊に悩まされるのでは?

高い意識になれば、高級霊が見えるに違いない」

という事に気がついたからです。

単純といえば、単純なことなのですが、

その当時は、このシンプルな答えさえ導き出すことが出来ないほど、

霊障に悩まされていたのです。

 

 

この真理に気がついてから、高い意識になるように、

心の癖をなおし、正しい心とは愛とは何かを考えて、それを実行することを心掛けました。

そうすると、本当に、見たくない霊は見えなくなり、見たい霊だけ見えるようになったのです。

霊と会話が出来るようにもなりました。

でも、心霊現象が生理的に嫌いだったので、

霊能力を持っていること自体が重荷だったのです。

だからだと思うのですが、自然と霊能力を使わなくなりました。

つまり、霊を見ない、霊には関わらないようにしたのです。

 

そのかわり、人の人生の運命を読んだり、予知をしたり、心を読んだりするようになりました。

現実の世界に起きている事を見て(エネルギーの流れを読んで)、

現実的な解決策を提案する方向へと力の使い方を変えたのです。

(その力を使って、今はいろんな方達の人生相談に乗っています。)

 

神通力は、霊能力だという人もいれば、超能力だと言う人もいます。

その中に、「未来予知力、宿命を知る力、人の心を知る力、体内の様子を見る力、

自然の流れを見る力、生前の様子を見る力」などがあります。

私の力は、どちらかというと、これに近いと思います。

(自分で言うのもなんですが、、、)

 

霊能力者としての道を歩むならば、

霊障を克服して、意識を高め、徳を積む必要があります。

私は、本当に普通の人なので、徳を積んで立派な人になる器ではありません。

普通のどこにでもいる女性なのです。

そして、普通でありたいと思っていますし、そうある事が幸せだと思っています。

普通に悩み、反省しながら、地味な人生を地道に歩いていますし、

そういう人生を願っています。

つまり、霊能力者になる器では無かったと言う事です。

 

神通力者(超能力者)には、そういう制約がないので、

その力があって、技術さえ磨けば、

運動神経が発達している人がスポーツ選手になれるのと同じように、

神通力者(超能力者)になれるのだと思います。

 

もちろん、常に反省しながら人生を生きていますし、

人に言った言葉や、こういったブログに書く記事にも神経を使っているつもりです。

(けっこう、いい加減に書いてるように思える内容も多いと思われるかもしれませんが、

これでも読み返しながら反芻し、こんなんで良いのかしら??

と不安に思いつつ更新していたりします)

 

絵を描くセンスのある人が、絵描きになるように、

歌の上手い人が、歌手になるように、

美しくなるセンスのある人がモデルになるように、

霊力を磨いて徳を積む人は、霊能力者になるように、

神通力(超能力)のセンスのある人は、神通力者(超能力者)になるのです。

 

 

では、なぜ霊能力者になる人は、徳を積む必要があるのかというのは、

理由は、徳を積んで高い意識を持っていないと、

高級霊との対話が出来ないからなのです。

欲望に身をまかせていては、高級霊と接触できる波動(波調)にまで、

自分自身を持っていくことが出来ません。

その上で、神官や神主、巫女、牧師、シスター、僧、尼僧、になれるように勉強をして、

その世界(霊の世界)を熟知する必要があるのだと思います。

この世界は一歩間違えると恐ろしい世界です。

魑魅魍魎がウヨウヨしていますので、命がけです。

(体験者は語る、、、、です。)

そのかわり高級霊と対話が出来れば、

高い次元から見た、人間世界を知る事が出来ます。

たとえば、病気の原因は、その人の心のありようが間違っている時に、

先祖の霊が、「あなたは間違っている」ことを知らせるために、

肉体に信号を送り、原因不明の病気や体の痛みという形で知らせていることがあります。

かと思えば、生霊が、憎い人の肉体に信号を送り、

原因不明の病気や体の痛みという形で知らせていることがあるので、

どちらなのかを知るには、霊能力者の力が必要です。

 

 

神通力は、霊の世界に関与しません。

現実に起こることを見るのです。

あくまで現実が対象です。

見えないエネルギーの流れを読んだり、

心を読んだり、運命や宿命を読んだりするのです。

霊とは関係のない力なのです。

たとえば、病気の原因は、時として運命の流れに必要なものであったり、

運命に逆らっている証拠だったりします。

どちらなのかを知るためには、神通力者の力が必要です。

 

 

高次元の霊の世界の視点からみた解決法を知るには、霊能力者、

運命の視点からみた現実的な解決法を知るには、神通力者が必要となるでしょう。

スポンサーサイト



| 心のメッセージ | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |