FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

見えない世界のこと 上級編

ガーベラ 

 

このお話は、ひとつの物語(ストーリー)と思って読んでくださいね。

 

天使様のお話では、

 

神 = この世界の創造 在る

天使  天国の天使 = 守護、発展、自由

天使  人間界の天使 = 規律、決まり事

堕天使 = 天使の見張り役 門番 

悪魔  = 狂気

 

神は、すべてを創造していますが、

神は、何かを意図してこの世界を創っているわけではないようです。 

「ただ、在る」ということが神の創造だそうです。

ですから、「在る」ものがどうなろうとも、

それは、神の意図するものではないとの事です。

 

天使様たちは、神が創造したものを守ったり、発展させたり、

自由と愛を与える存在です。

人間界の天使様たちは、規律や決まり、決めごとなどで人を拘束して

堅苦しさを人に与えます。

堕天使様は、天使様の行動を見張っていて、間違ったことをしないかどうかをチェックします。

人を評価して裁くので、とても、人に対して厳しい態度をとります。

悪魔は、狂気(凶器)です。

 

人は守護天使様が守っていますが、

守護天使様は、ひとつだけではないようです。

たとえていうならば、色です。

守護天使様を色にたとえると、

赤色に青色が混ざって紫色になるように、

天国の天使に堕天使が混ざっている、というような感じです。

何と何が混ざっているかは、人それぞれです。

 

天国の天使様に人間界の天使様が混ざっていて、それに堕天使も少し、とか。

混ざり具合で、その人がどういった人かがわかります。

単色が強い場合は、その性質にとても近いということです。

 

私が見える色で説明すると、(たぶん、人によって見え方は違うと思いますが)

天国の天使様は、パステルカラー。

人間界の天使様は、はっきりとした色。ビビットカラーです。

堕天使様は、ぼやけた色、くすんだ色。

悪魔は、配色の悪い色合いの混合。

神は、無色です。

 

この色合いでも表わされるように、

ほんわりとした性格の人は、天国の天使様の影響が強いとも考えられます。

はっきりした性格の人は、人間界の天使様の影響が強いとも考えられます。

ぼやけた性格の人は、堕天使様の影響が強いとも考えられます。

(印象がコロコロ変わったり、わかりにくい性質の人です。)

異常な性格の人は、悪魔の影響が強いとも考えられます。

 

でも、人の性格は曖昧なので、

ほんわりとしてるけど、仕事の時は、はっきりした事をしたり言うというのは、

普段は、天国の天使様の影響が強いけど、

仕事の時は、人間界の天使様の影響を受けている、という事です。

はっきりした性格だけど、時折、何を考えてるのかわからない人と言うのは、

人間界の天使様の影響を受けつつ、時々、堕天使様の影響を受けているということです。

 

人は状況に合わせて、見せる部分が違いますので、

この人の前では、この状況では、この天使様の影響が強くなり、

別の人の前や、違う状況では、別の天使様の影響が強くなったりします。

 

堕天使様の影響を強く受けている人は、嫉妬深く、執念深い部分があるようです。

嫉妬心から、周囲の人や気になる人を入念にチェックして評価したり裁いたりしているのです。

悪いところを見つけると、そこを責めたくなります。

見張り役、門番としての業(カルマ)がそうさせます。

ただ、これもあながち間違ってはいないですし、

間違い予防になりますので、悪いことではない気もしますが、

問題なのは、「あなたの基準」で裁くところでしょうか。

あなたにとって間違いや許せないことでも、

他の視点から見れば間違いでは無いことも多くあります。

相手に完璧を求める傾向にあるので、

もう少し、周囲に寛容になる事が大切だと思います。

(と、言っても、それが堕天使様の役目だから仕方ないですね、、、。)

 

 

 

話は少し変わりますが、昨日、今日と、

記事を書いたのですが、アップしようとするとPCが突然勝手に終了したり、

モデムの接触が悪くなって、インターネットの接続が切れたり、、、。

結局、書いた記事の内容は、消えてなくなってしまったのですが、

記事の内容は、確かにちょっとトンチンカンな事を書いていたような気がします。

何か(誰か)に見張られてるのかな、、、と思ったりしています。

考え過ぎでしょうか、、、?

スポンサーサイト



| 天使様の世界観 | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |