FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

探究心と愛について

white flower4 

 

「好きな人と結婚したい」という人がいます。

それはたとえると、「好きな会社に就職したい」という事と同じです。

 

就職と結婚は違うと思うかもしれませんが、同じです。

ただ、恋愛をする脳と労働で使う脳が違うので、

別物のように感じるだけです。

 

恋愛をすると男性は男脳、

女性は女脳の部分が活発に働きます。

この脳の部分が、自分を女だと認識したり男だと認識したりするのです。

性同一性障害というのは、

この脳の部分と肉体の不一致により生じる障害です。

 

女脳も男脳も相手に求めているものは同じです。

相手とひとつになろうとする働きです。

ただ、表現力が違います。

女脳は、相手を束縛しようと働き、

男脳は、相手を支配しようと働きます。

この脳の部分が活発に働き過ぎると、

精神障害を起こします。

異性といる時は、出来るだけこの脳の働きを意識して、

行き過ぎた感情や思考にならないように制御する必要があるでしょう。

(人によっては異性だけでなく、同性や親子、兄弟姉妹などにも反応します)

とはいえ、この脳の働きが全く無いと、恋愛は出来ないので、

ほどほどに働いている状態が良いと思います。

 

ただ、働きすぎると精神障害を起こし始めます。

つまり、トラブルのもとになるのです。

相手を強く束縛(支配)したいという働き(欲求)が、

行き過ぎた感情・思考・行動となります。

束縛(支配)出来ない状況を感じると、感情的になります。

冷静な判断力がなくなり、関係を壊す方向へと行動します。

関係を終わりにしたいのなら、それでも良いと思いますが、

関係を終わらせたくない場合は、出来るだけ感情を制御するように意識することです。

 

好きな人との結婚が幸せになるかというと、それはまた別問題です。

好きな会社への就職が幸せになるかというと、それはまた別問題です。

 

 

脳遺伝子は、弱いものを終わらせようとします。

常にあなたの感情・思考・行動を見張っています。

恋愛で弱い部分を見せて放っておくと、恋愛によってあなたは終わります。

弱い部分は、意外と気が付きにくいものかも知れません。

一番良い方法は、あなたに関心や興味を持っている人をそばに置いておく事です。

家族でも、伴侶でも、恋人でも、友人でも、

あなたに興味を持っている人は、あなたの救いになる人です。

あなたに興味があるという人が現れたら、

感謝でもって、その人を大事にすることです。

 

あるいは、

あなたが誰かに興味を持つことです。

あなたが興味を持った人は、幸せです。

その人は、あなたに救われるからです。

 

もし、あなたが人を救いたいという思いがあるのなら、興味を持つことです。

前にも書きましたが、「興味を持つ」のと「必要とする」のと「欲しい」と思うのは違います。

 

誰かを欲しいと思うと、必ずその誰かはあなたから逃げていきます。

誰かを必要だと思うと、交渉次第で、あなたの手に入ります。

誰かに興味を持つと、その誰かはあなたによって救われ、

あなた自身も満たされます。

 

興味というのは、探究心を刺激します。

探究心は、思考を生みます。

思考は感情や行動となり、あなた自身を定義づけます。

興味を持つことは、あなた自身が何者かを裏付けていくのです。

それが魂の遺伝子と結びつくと、あなた自身になるのです。

探究心は別の言い方をすれば「愛」です。

相手の探求心「愛」にあなたの探求心「愛」でこたえることは、とても良いことです。

相手はどういう人で何を望んでいるのだろう、とお互いが興味・関心を持てば、

とても良い関係が保たれます。

 

幸せとは、あなたが「あなた自身」を感じる瞬間です。

相手を救うには、あなたが相手以上に相手のことを知っているということが前提です。

 

愛のある人は、自分の中の探究心を自在に操れる人です。

ふつうは、特定のものや人にしか興味を持てないものです。

精神障害の人は、何にも興味を持てないと言います。

 

 

「興味のある人との結婚」「興味のある会社への就職」「興味のある事と関わる」ことは、

あなたの探求心、つまり愛の体現となり、

あなたを幸せへと導く鍵になるでしょう。

スポンサーサイト



| 心のメッセージ | 00:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |