FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

愛の書 【たとえ話・目的】 導きの天使

sunset.jpg 

目的のない人生を歩く人は、あてどもなくさまよう人に似ています。

どこへ行きたいのか聞かれても、答えることが出来ません。

 

 

あなたの目の前に、どこまでも続く長い道が続いています。

あなたの頭の中に、こんな疑問が生まれます。

「この道は、どこまで続くんだろう」

そこで、あなたは、どこかへ向って歩いていく人を見て、

「一体、あなたは、どこへ行こうとしてるの?」

と、尋ねます。

どこかへ向かって歩いていく人たちは、

「この道をまっすぐ進めば、いろんな種類の実がなってる珍しい木があるんだ」

そう言って、どんどん先へ進んでいきます。

 

別の人にも聞いてみました。

「一体、あなたは、どこへ行こうとしてるの?」

「この道をまっすぐ進んで、右へ曲がって、またまっすく進むと、

飲んだことのないような美味しい水があるんだ」

「どうして、そんなことがわかるの?道の先は見えないのに」

「わかるよ。風の匂いをかいでごらん。緑のいい匂いがするだろう。

この先においしい水を吸った木や草がある証拠さ」

 

そこで、あなたは風の匂いをかいでみました。

けれど、何の匂いもしません。

「何の匂いもしないよ」

「きっと君は、鼻が悪いんだ。ごめんよ、もう行かなくちゃ。

早く、おいしい水を飲みたいからね」

 water.jpg

 

あなたは、また、別の人にも尋ねてみました。

「一体、あなたは、どこへ行こうとしてるの?」

「この道をまっすぐ進んで左に曲がって、さらにまっすぐ進むと、

とってもカッコいい王子様に会えるの」

「どうして、そんなことがわかるの?」

「わかるわ。だって、ずっとずっと先にお城の旗が見えるもの」

 

そこで、あなたはよく目をこらして遠くを見てみました。

けれど、何も見えません。

「何も見えないけど」

「きっと、あなたは目が悪いのね。さあ、もう行かなくちゃ。

王子様が狩りに出てしまったら、次に会えるのはいつかわからないもの」

fantsy castle  

 

あなたは、また、別の人に聞いてみました。

「一体、あなたは、どこへ行こうとしてるの?」

「この先をまっすぐ進んで右へ行ったり、左へ曲がったり、

そしたら、見たこともない宝石があるんだ」

そこで、あなたは、こんなお願いをしてみました。

「一緒にそこへ連れていってくれない?見たことのない宝石なら一度、見てみたいな」

「じゃあ、はぐれないように、しっかりついておいで」

そこで、あなたは目の前の人に、はぐれないようについていこうとします。

ところが、目の前の人は、あっというまにどこかへ去ってしまいました。

「おーい!!どこへ行ったの?」

叫んでも、どこにもいません。

 

 

途方にくれていると、近くで誰かがささやく声が聞こえます。

「道に迷ったのなら、地図をあげよう」

ところが、地図に書かれている記号や文字が、まるで暗号のように見えて

何がなんだかさっぱりわかりません。

「おやおや、地図が読めないようだね?君は一体、どこへ行きたいんだい?」

そう聞かれると、どこへ行きたいのかよくわかりません。

珍しい実も食べてみたいし、おいしい水も飲んでみたいし、

お城にも行ってみたいし、見たことのないような宝石も見てみたい。

「そんなに欲張っても駄目だよ。ひとつの場所にしか行けないんだからね」

そう言われると、よけいに、どこへ行きたいのかわからなくなってしまいました。

mask of thinking  

誰かが大きな声で騒いでいます。

「おれは、どこにも行きたくない!!道の先に何かあるなんて、信じられるか!!」

 あなたは、それを聞いて、

「確かにそうだ。道の先に何かあるなんて、わからない。もしかしたら何もないかもしれない。

歩くだけ無駄かもしれない」

と、思います。

「馬鹿だね。歩きたくなかったら足は必要ないだろう。何のために足はついてるんだい?」

「でも、どこへ行きたいのかわからないし、歩くだけしんどいもの」

「目的がないからしんどいんだよ。今まで君が尋ねた人たちは、しんどそうだったかい?」

そう言われて思い出すと、みな、とても楽しそうでした。

「目的があると、どんな長い道も楽しいもんだ。さあ、どこへ行きたいのか言ってごらん」

そう言われて、どこへ行こうかと真剣に考えていると、

悲鳴が聞こえてきました。

どこにも行きたくないと騒いでいた人が、自分の足を切り落としたのです。

「ああやって、意固地になって、自分の持ってるものも失くす人が多いもんだ。

自分が苦しいだけなんだがね」

苦しそうな悲鳴をあげてもがいてる人を見て、あなたは、ぞっとしました。

ああいう人にはなりたくない、と心の底から思いました。

 

 wish.jpg

もし、あなたが目的を持っていないとしたら、

今からでも遅くありません。

目的を持つことです。

 

私、導きの天使は、あなたが目的を持って生きるために、

あなたを守っているのです。

  松山市 運命鑑定 運命鑑定

スポンサーサイト



| 天使様のメッセージ 【愛の書】 | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |