FC2ブログ

太陽の光・月の光 天使様のメッセージ

悩みを抱えている人の癒しの場になればと思います。天使様のメッセージをお届けします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢の教え 2

pink rose2 

 

眠ったあとに見る夢は、見えない世界とつながっています。

夢を注意深く観察すると、人生のヒントが隠されている場合があります。

私が、最近見た夢をご紹介します。 興味のある方は読んでみてください。

 

夢3 「高い意識と低い意識」

山のふもとの広場に、シンプルな机と椅子が置いてありました。

そこに長い白髪とあごひげをたくわえた老人が座っています。

私は、その老人になにやら相談をしていたようです。

その老人は、私にアドバイスをくれました。(ただ、その内容は覚えていません。)

アドバイスをもらって安心した私の足元を見ると、1匹の猫がじゃれています。

とても可愛いので、なでてやりました。

ふと、後ろを振り返ると、大勢の人が私の後ろに列をつくって並んでいます。

私は、あわててその場を離れました。

家に帰ろうと道に戻ると、

舗装された道路には歩道がなく、沢山の車が道いっぱいに、ものすごいスピードで走っています。

一台の車が、私の方へめがけて突進してきます。

危ないので道をよけると、道の横は2mくらい下の段差があり、

地面は土と水でぬかるんでいます。

足が泥の中に沈んで一歩前進するのにもひと苦労です。

段差をのぼって道路に出た方が楽そうだと思って、

道路にもどろうとすると、やはり車が私にむかって突進してきます。

私は、安全なぬかるんだ地面を歩くことにしました。

 

老人は「賢者」。

猫は「良い・有益な情報」。

並んでる人々は、「欲望に翻弄されている人々」

道路は、「低い意識」。

車は「欲望」。

ぬかるんだ地面は「高い意識」。

 

高いところにある舗装された道路と車は、「低い意識と欲望」。

低いところにあるぬかるんだ地面を歩くことは、「高い意識を持つこと」。

低い意識は、一見高いところにあって、車で走ると楽そうですが、

運転手は非常に野蛮な運転を平気でしています。

高い意識は、一見低いところにあって、歩くのは大変ですが、

安全です。

 

「善意」「悪意」、「低い意識」「高い意識」とはこういう事であると、

夢は教えています。

 

以上が、この3日の間に見た夢の内容です。

スポンサーサイト

| 夢のたとえ話 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢の教え 

yellow rose3 

 

眠ったあとに見る夢は、見えない世界とつながっています。

夢を注意深く観察すると、人生のヒントが隠されている場合があります。

私が、最近見た夢をご紹介します。 興味のある方は読んでみてください。

 

夢1 「欲望」

目の前に義妹がつくってくれたパフェがありました。

見た目はとてもシンプルで、チョコと生クリームの二層になっています。

トッピングも何もありません。

スプーンで一口食べてみると、

意外に甘さがなんともいえず、おいしいと感じました。

ところが、底のほうをすくってみると、

何かが動いています。

見ると、カエルが一匹とトカゲが二匹。パフェの中でうごめいています。

 

夢の内容を天使様に聞いてみると、

パフェは「人生」。 おもしろくもなんともないと思えるシンプルな人生でも、

実際に歩んでみると、意外に楽しいものです。

トカゲは「あらゆる欲望」。 欲望とは、人生の中でむごめいています。嫌なものです。

カエルは「金銭欲」。欲望と同じですが、ある意味なじみがあるものです。

 

欲望がなければ、人生は「楽しいもの」です。

けれど、欲望があると、途端に人生は「嫌なもの」に変化します。

と、いうことを夢は教えています。

 

夢2 「欲望との闘い」

白髪の男と、中年の女がいました。

その二人の間に、両腕を切られた血と泥にまみれた赤ちゃん(女の子)がいました。

男の手も女の手も血にまみれていて、しかも二人はこの状況を楽しんでいる様子です。

赤ちゃんの両腕を切ったのは、この二人だとわかります。

白髪の男が、赤ちゃんの口に泥とカエルを押し込んでいます。

そして、無抵抗の赤ちゃんをほうり投げて楽しんでいます。

中年の女の後ろには、大きな虎が女に寄りかかるように立っています。

大きな舌で、赤ちゃんと女を舐めています。

そこへ、ひとりの青年が現れました。

青年は、白髪の男と中年の女と虎を追い払い、

赤ちゃんを抱き上げてきれいにしました。

そして、赤ちゃんの口に一粒の実を入れると、

赤ちゃんの両腕がたちまち元通りになりました。

 

白髪の男と中年の女と虎は、この世の「あらゆる欲望」。

カエルは「金銭欲」。 泥は「無意味な欲望」。 血は「自分の一部」

両腕を切られた赤ちゃんは、抵抗力を奪われた「善」。

青年は、「悪に勝つための闘争心」「やる気」「意欲」。

実は、「善の種」。

両腕は、「抵抗力、自由」。

 

欲望に翻弄されるというのは、残虐・残酷なことです。

その欲望に勝つには、善の意識で欲望と闘うことです。

善の意識は、あらゆる抵抗力の源であり、

それは真の自由を与えます。

と、いうことを夢は教えています。

 

次へ続きます。

| 夢のたとえ話 | 13:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。